資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

CAD資格の取得には製図の実務を学び、きちんと分かりやすく共有するスキルが必要です。

ソフトウェアの使い方を学ぶのも大切ですが、それだけでなく実務で役立つようなスキルもCAD資格講座を通して学ぶのが理想的です。

実際に作業しながら学ぶのがおすすめ

CAD資格を身につけるには、実際に作業しながら製図をして学ぶのが一番です。パソコンの操作を学ぶ場合には口頭でいわれても、本などを通して学んでもあまり意味がなく、実践しながら身につけるのが一番大事です。

既にCADを触ったことがある方ならば、追加の機能やテクニックは動画などを通して一度見ればすぐに覚えられますが、初心者でCADを一から使い始めるような場合にはしっかり操作を体で覚えていくのが大切です。

図形を描くだけでも最初は難しいので、ひとつひとつ身につけて実践的に自由に製図できるようにしましょう。初心者がCADを学ぶ場合は説明書を見ながら操作を覚えつつ、一度覚えた操作を何も見ないでできるようにするという、反復練習が一番効果的です。

同じものをいくつも作ってみる

製図するものをいくつか覚えられたら、テキストや動画などを見ずに、似たようなものを作れるようにするとよいでしょう。

一からオリジナルで作ってみたり、ある程度作り込んだものを更に作り込んで操作を覚えていけば、やりたい作業に合わせて操作を学べたり、やりたくても編集の仕方がわからない時に、新しい操作方法を先に学べたりするメリットがあります。

単純な立方体や直方体も部分的に削ったり、縮小した同じ図形を乗算したりすると異なる図形を描くことができます。

自由に作りたいものを作れるようになればCADはマスターできたようなものなので、どんどん実践的に経験を積んで学んでいきましょう

複雑な製図を一気に学ぶ

CADに詳しい方に師事を仰げれば、一通りの操作を学べる少し複雑な製図を真似して制作して、時間と手間はかかっても確実にスキルを身につけられる可能性があります

一戸建ての間取りのデザインなどをする場合も、学ぶ作業が多くても、その製図を通してすべての作業が学べれば十分な魅力があります

細かい作業を別々に学ぶのも良いですが、一連の作業としてさまざまな例を用いて学べば、設計の順番や描画の順番なども通して学べて効率的に実力をつけることができます

製図する順番を間違えると思い通りのものを作れない場合があるため、通し作業として経験できるのは、より現場に早く近づくことができます。CAD資格講座などを生かせば効率的に学べるので賢く学んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加